• 専門職
  • 福祉施設勤務 管理栄養士
留まることなく自己成長していきたい
管理栄養士

留まることなく
自己成長していきたい

福祉施設勤務 管理栄養士 2012年入社

INTERVIEW 01

入社理由は

短期大学を卒業後、管理栄養士の資格取得を次の目標としていましたので、幅広い業態で実務経験が積め、しっかりと勉強するために、自宅から通える事業所が多数ある当社に入社を決めました。また、「栄養士研修」などの社内研修が充実している点も大きな要因でした。当社は、周囲の厚いサポートのお陰もあり、入社後に管理栄養士の国家試験に合格することができましたので、結果として私の選択は間違っていなかったと思います。

会社での役割は
INTERVIEW 02

会社での役割は

私は現在、入社5年目の管理栄養士として、福祉施設に勤務し、献立作成や食材発注、調理などの業務を担当しています。今は管理目標とする食材費の中で、最大限にお客様に満足して頂ける献立を考えることに大きなやりがいを感じています。

INTERVIEW 03

入社して一番印象に残った出来事は

私が勤務する福祉施設の秋の行事として、ご利用者様の目前で、炭焼きした秋刀魚を提供した時のことです。当社の従業員が一生懸命考えた、普段とは趣向の違うイベントは、ご利用者様に大変喜んで頂くことができました。当日までの準備こそ苦労しましたが、いつもは食の細いご利用者様が、おいしそうにペロッと召し上がっている姿を見て、食事は味覚で楽しむだけではなく、五感で感じるものだと改めて感じました。

INTERVIEW 04

日本ゼネラルフードの
魅力は

私は、管理栄養士国家試験を受験するにあたり、約1年前から勉強を始めました。仕事をしながらの受験勉強でしたので、限りある時間の中で、いかに効率良く勉強するかがとても重要でした。毎日30分、休日は1時間ほどの勉強を1年間欠かさず続けた結果、管理栄養士国家試験に合格することができました。勉強している私を気遣って、快く業務をフォローしてくださった職場の皆さんには、今でも感謝するとともに、この「人の優しさ」が、当社の大きな魅力だと思いました。一生懸命に勉強したことで更に知識が深まり、栄養士の仕事がより魅力的な仕事だと感じる事もできたので受験に挑戦して良かったと思います。当社に栄養士として就職する人も、是非、管理栄養士の資格取得を目指してほしいです。

日本ゼネラルフードの魅力は
INTERVIEW 05

今後の目標は

直近の目標は、現在勤務する福祉施設で、1回1回の食事をもっと楽しんで頂けるように、「おいしい料理」を徹底的に追求することです。例えば、多国籍メニューを取り入れるなどして、ご利用者様の日々の生活に良い刺激となるような食事を提供したいと考えています。そして、将来は、病院や社員食堂など様々な業態の事業所で管理栄養士としての実務経験を積み、自己成長していきたいと思っています。