• 専門職
  • 福祉施設勤務 管理栄養士
会社に見守られて働いている安心感
管理栄養士

会社に見守られて
働いている安心感

福祉施設勤務 管理栄養士 2017年入社

INTERVIEW 01

入社理由は

私は、デスクワーク中心ではなく、自らが動く管理栄養士になりたいと思っていたのですが、大学3年生の時に当社が受託する事業所へ臨地実習に行った際に、「私が求めている働き方はこれだ」と思い、すぐに当社のことを調べ始めました。「地元に本社のある成長企業」、「社会貢献活動にも熱心」と、知れば知る程「ここでしか働きたくない」との思いが強くなり、実際の就活では当社だけを受験しました。面接時に、私のこの強い気持ちを訴えたところ、面接官の方々は大変驚いていましたが、結果として、私の本気度が伝わり、内定を頂いた時は本当に嬉しく思いました。

会社での役割は
INTERVIEW 02

会社での役割は

現在は、福祉施設で新人の管理栄養士として勤務しています。最初は、パートタイマーさんと一緒に盛付や洗浄などの業務に携わりながら、店長をはじめ諸先輩方から徐々に事業所の業務を教えて頂きました。入社から1年経った現在は、献立作成や発注、検品などの事務所作業に加え、調理、盛付、提供に至るまで一通りの業務を担当しています。まだ注意されることもありますが、負けず嫌いの私は「ミスゼロ」を目指し、緊張感を持って日々の業務に勤しんでいます。中でも経験の浅い調理業務については、お客様から「おいしくて、見た目もきれい」と評価頂けるよう、当社の社是の通り、「愛情と工夫」を込めて取り組んでいます。

INTERVIEW 03

入社して一番印象に残った出来事は

毎日が本当に充実していて、楽しくて、大好きだと言える人たちに囲まれて仕事ができることは幸せだと思います。巷ではよく会社に行きたくないと言う人の話がありますが、私は一度も思ったことがありません。決して楽ではなく、責任も重い仕事ですが、どんな時も協力して、そして指導してくださる事業所の皆さんへの感謝は絶対に忘れることはないと思います。

INTERVIEW 04

当社の魅力は

私の実家は岐阜県にありますが、大学は愛知県でした。当社が、地元に本社のある全国区の企業であることは、大きな魅力です。当社のメディカルとコントラクトの事業バランスやエリア展開の広さも入社後の成長や自己実現を考えるうえで大切な要素だと思います。また、事業部長、エリアマネージャーが定期的に事業所に訪れて、私のような新入社員にも直接声を掛けてくださり、折に触れて、会社の幹部社員が従業員の幸せを一番に考えてくれ、会社に見守られて働いている安心感があるのも嬉しいことです。

日本ゼネラルフードの魅力は
INTERVIEW 05

今後の目標は

先ずは、家族のために一生懸命に働いている、尊敬する母を超えられるように、社会人として成長したいと思います。そして、当社で管理栄養士としてキャリアアップし、常に周囲の方々から認めて頂けるように向上心を持って何事にも積極的に取り組み続けていきたいと思います。